二重成形で憧れ目元仕上げ【プチ整形の先駆け】

サイトメニュー

美容整形で長年トップ人気

目元

施術の知識とその費用とは

美容整形には美に関わる医療技術が様々ありますが、中でも昔から変わらず一番人気の施術と言えば二重整形です。少し前の時代まで、美容整形には偏見も多くありました。それがぐっと身近な存在になったきっかけが「プチ整形」の登場だったのです。従来の、切ったり縫ったりする手術ではなく、注射などの短時間の施術で、痛みも少なく、費用も学生や主婦のお小遣いでも出せる程度で出来る施術が出てきて注目を集めした。そのプチ整形の先駆けとも言えるのが二重整形における埋没法です。そもそもは切開法と呼ばれる、メスで瞼を切開・縫合する事で二重の線を作る方法が主流でした。もちろん今現在も使われている手法です。余剰な皮膚や脂肪を一緒に切除する事が出来るメリットがあり、元々薄っすらも二重ラインがないような一重の瞼でも美しい線が作れます。一方で、切開法が持つやり直しがきかない事や費用が高額になってしまう事、施術への不安感などの特徴を払拭した手法が埋没法という事になります。埋没法とはその名の通り医療用の糸を瞼に埋没させる事で線を作り出すやり方です。糸をとめる箇所数が多くなることに比例して金額も上がりますが、より自然な曲線を作れます。また、医療技術は日々進化し、今では髪の毛よりも細くしなやかで丈夫な糸が開発されています。施術時間も短時間で終わり、施術後も大きく腫れたり痛んだりする事が少ない事も人気の秘訣です。糸が外れるリスクが全くない訳ではありませんが、クリニックによっては再施術の保証期間を設けている場合もあります。今や女性のみでなく男性にも人気のある二重整形ですが、実際に治療を検討する上で気になるのは費用ではないでしょうか。美容整形というデリケートな話題の為、なかなか身近な人からリアルな口コミは得られ難いはず。そこで参考情報として、ここでは料金の相場についてお話しします。ざっくり一言で言うと金額は約3万円?30万円と幅があります。あまりにも大きな差になりますが、これは施術方法によって異なる為です。二重整形には大きく分けて2通りあります。いわゆる切開法と埋没法です。切開法とは書いて字のごとくメスで切開する方法です。目頭切開法、目尻切開法など部分的なものと、余分な皮膚や脂肪を切除しながら二重を作る為に瞼全体にメスを入れる全切開法があります。しかし、費用は切る範囲によって変わる訳ではなく、切開法というだけで差はないようです。金額の相場はおおよそ20万円?30万円程で高額ではありますが、一度手術を受ければ元に戻る事はないという効果の確実性があります。一方の埋没法は糸を何点で止めるかによって金額が異なります。より多く止める方が強固で仕上がりも自然な為、費用もそれに比例します。1点止めの場合は約3万円から、その後1点増えるごとに1万?2万円程高くなるイメージで、4点止めだと8万円程になる事が多いようです。何点止めが適しているかは元々の瞼の状態によっても異なる為、実際に施術を行う医師に相談しましょう。また、各クリニックのホームページなどでも金額は確認できますが、調べる際は表示金額には何が含まれているのかも併せて確認しましょう。クリニックによって施術料金のみの表示の所、アフターケアや再施術の保証代、カウンセリング費用全て込みの所などがあります。

手術で理想のまぶたに

カウンセリング

現在の医療技術があれば、理想の二重を手に入れるのは簡単なので、憧れているなら美容クリニックで手術を受けることを考えましょう。保証がある美容クリニックを利用すれば、一重に戻ったときも無料で再手術してもらえるので安心です。

詳しく見る

美容外科のサービス

男性医師

少ない費用で受けられる二重整形の施術は医療用の糸を使った治療法と、メスを使ってまぶたを切る方法から選べます。医療用の糸を使ったものは簡単に受けられますが、メスを使った施術は治療後もある程度負担があります。

詳しく見る

ぱっちり目にしたい方

ビフォーアフター

美容整形の中でも1番人気があると言われているのが、二重整形です。目のコンプレックスを感じている方は多いですし、第一印象にも関係してくる部位ですので、理想的な目にすることが出来ますしお勧めです。埋没法と切開法があります。

詳しく見る