二重成形で憧れ目元仕上げ【プチ整形の先駆け】

サイトメニュー

手術で理想のまぶたに

カウンセリング

半永久的に維持するために

一重のまぶたに不満があって、二重のまぶたに憧れがあるのなら、まずは二重になるためのアイテムが売られているのでチャレンジしてみましょう。テープをくっつけるものや接着剤を利用するものなどが売られているので、簡単に理想のまぶたを実現できます。しかし、それらのアイテムは半永久的に効果が持続するものではないので、利用をやめてしまうと、すぐに一重に戻ってしまいます。もしも、ずっと理想のまぶたの形を維持したいのなら、市販品での改善ではなく、美容クリニックで手術をしてもらいましょう。なお、ほとんどの美容クリニックでは、メスを使う方法と糸を使う方法が用意されているので、どちらかを選ぶことになります。どちらにするかは、患者自身が決められるため、それぞれの特徴を調べた上でドクターにお願いしましょう。もちろん、どちらでもよいと考えているのなら、ドクターにすべて任せてしまっても問題ないです。ただし、その場合は高確率でメスを使った方法になるはずなので、切開法という言葉を調べてから美容クリニックに訪れましょう。ちなみに、まぶたの片方は一重なのに、もう片方が二重になっている場合、目の大きさに違いが出てしまいます。そうなると、写真などに目の大きさのバランスの違いがハッキリと出てしまうため、コンプレックスになりやすいです。しかし、そちらも美容クリニックで解消してくれるので、左右の大きさの整えて欲しいのなら、手術してもらうとよいでしょう。二重のほうの目に合わせて手術を行ってくれて、バランスの取れた完璧なまぶたに仕上げてくれます。二重になりたいと考えるなら、手術後の顔を漠然とイメージするのではなく、ハッキリとしたイメージを持つようにしましょう。想像できないというのなら、芸能人やモデルなどの写真をたくさん見て、自身が望むまぶたを探しておくことをおすすめします。そして、その写真を美容クリニックに持っていけば、ドクターに理想とするイメージを簡単に伝えられます。ただし、その芸能人やモデルに似合っていても、自分に似合っているとは限りませんので、ドクターにしっかりと相談してから形を決定しましょう。なお、プチ整形と呼ばれている埋没法の手術を受けたいと願う方の中には、一重に戻ってしまう可能性を危惧する方もいるはずです。確かに、インターネットで口コミを調べていると、二重から一重に戻ってしまったという意見も見かけます。その場合は、もう一度手術を受ければよいだけですが、費用がかかるため、気軽に受け直すのが難しいと考えるかもしれません。もしも、再手術の費用を心配に感じるのならば、保証のある美容クリニックを利用しましょう。保証は一重に戻ってしまったときに利用できる制度で、ドクターが無料にて再手術を行ってくれます。ただし、期間が決まっているケースもあるため、できるならば、永久保証が用意されているところにしましょう。ちなみに、『理想通りの二重を手に入れたけれど、やはり一重のほうがよかった』となったときは、美容クリニックで一重に戻してもらえます。手術を受けるときは慎重に考えるべきですが、元に戻すことも可能なので、迷っているのなら勢いに任せて二重にするのもよいでしょう。